フラット35のメリットとデメリットは?

フラット35の基本知識

Q&A

フラット35は一般的な住宅ローンとは様々な点が異なり、銀行選び、借り入れの際には損をしないためにもしっかりとした知識を身につけることが必要になります。

 

フラット35の一番の特徴は民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供されているという点。公的ローンの性格が強くなっています。

 

そのためフラット35は数多くの金融機関が取り扱っているのですが同じフラット35という名前の住宅ローンでも銀行が違うと金利や手数料が全く異なるのです。

 

自分が選んだ銀行によってはほかよりもずっと金利が高い、手数料がかかるということもありえるのです。

 

ただ銀行選びを失敗しただけで損をしてしまう可能性があるのがフラット35の実態なのです。そのため銀行ごと、各金融機関ごとに金利比較を行い、どこが一番有利なのかを選ぶ必要があります。

 

大手銀行だからとか、近くの信用金庫だからといった理由でフラット35を選ぶと、金利や手数料の面で大きく損をしてしまうことも。

 

フラット35の借り入れで損をしないためには、正しい知識を身につけておく必要があります。

 

この項目ではフラット35についての基本的な知識や情報をできるだけわかりやすくご紹介していきます。住宅ローンの借り入れで失敗したくない方必見です。

2017年9月最新のフラット35比較ランキング

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料引き下げ
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • ネット銀行だから実現できる低金利
  • 顧客満足度が高い優良サービス
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


ARUHIフラット35
  • フラット35最低水準金利・シェアNo.1
  • スピード審査&幅広い方の利用が可能
  • 全国168店舗で安心の対面サポート
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • フラット35S金利引き下げでさらにお得
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


新生銀行住宅ローン
  • 金利・諸費用を含めたトータルでお得
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 6つの手数料0円で安心
  • 団信生命保険料・保証料無料
スペック 矢印 申し込み


フラット35の基礎知識記事一覧

フラット35というのは、長くて35年間一定の金利のままで借入れが可能な長期的な住宅ローンのことです。フラット35は、銀行や信用金庫といった一般の金融機関が、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と協力し合って行います。通常、民間の金融機関は資金準備に限りがあるため長期のローンは難しいのが現状だったので、住宅金融支援機構が民間の金融機関から長期ローンを債務として買取、代わりに債権を発行するという形で資金...

フラット35の借り入れを行う際、必要経費はどのくらいかかるかも確認しておく必要があります。一般的に住宅ローンを組む際は、保証料や税金、引越し費用などが諸費用としてかかります。平均して大体、住宅購入金額の一割程度の金額が諸費用にあたります。しかし、フラット35では借り入れ時の保証金や、繰越返済時の手数料は必要ないので諸費用が安く済みます。ただ、必要な経費としては融資事務手数料や抵当権の設置にかかる費...

通常住宅ローンというと、物件に対する審査と貸付を行う人に対する審査が行われます。民間金融機関の住宅ローンの場合は、人に対する審査が基本となりますが、フラット35では物件に対する審査に重きを置いているため、民間の金融機関の住宅ローンよりは審査に通りやすいと言われています。人に対する審査としては、返済能力があるかどうかを確認するために所得額を証明する書類などの提出が必要となりますが、一般的に勤務先の経...

団信というのは団体信用生命保険ことで、ローンの返済を行っている当事者が死亡したり、高度な障害を負ってしまった場合などに残りのローンの返済が免除されるという住宅ローンに特化した生命保険のことを言います。マイホームを建築したり、購入する際は多額のローン返済を抱えるので、ローン返済を担う人が突然死亡したり、仕事に行けないほどの障害を負うなどのローンの返済ができない状態に陥ると、マイホームを手放さなければ...

フラット35を借りるための条件も決められているので、チェックしておきましょう。まず日本国籍を保有しているか、永住許可を得ている人また特別永住者で、借り入れの申込み時点で70歳未満の方を条件としています。更に、フラット35とそれ以外の自動車ローンや教育ローン、カードローンの総額返済負担率が年収400万円未満の場合は30パーセント以下、400万円以上の場合は35パーセント以下であることが必要です。また...

繰上返済というのは月々の決まった返済以外に、臨時で借入金の一部または全部を返済することを言います。フラット35でも、返済期間中にある程度まとまった収入があった場合は、借入金の繰上返済が可能です。フラット35の場合繰上返済時には手数料もかからないので、とても便利です。繰上返済の方法としては、返済額は変えないで借入期間を短く済ませる方法と、借入期間を変えないで月の返済額を少なくする方法の2つがあります...

すでに銀行などの金融機関で一般の住宅ローンを利用しているけど、将来の金利変動が心配になり、長期固定金利のフラット35に借り換えしたいという人もいるでしょう。フラット35では借り換えにも対応しているので、利用条件や手続きの流れなどをチェックしてみましょう。まず利用条件としては、借り換え対象となるローンの返済者と、借り換えの融資を受ける申込人が同じ人であることが前提となります。ただし借り換えの際に、債...