フラット35は金利差がある?

フラット35は銀行ごとに金利差があるのですか?

 

銀行によって違う?

初歩的な質問で恐縮です。もしかしてフラット35の金利というのは、各銀行によって異なるのでしょうか?どうも私が拝見した各銀行のサイトを見てみると、同じフラット35でも微妙に金利が異なっている気がします。本当は折り合いをつけており、実際の負担額は同じになるといったからくりがあるのでしょうか?

30代 主婦


 

 

金利差が重要なポイントです

同じフラット35という名称でも、各金融機関によってまったく金利数値は異なっています。からくり・・・というのは基本的には存在せず、単純に損得が分かれてくる部分である事は間違いありません。

 

 

<金利差について>
各金融機関がフラット35の金利数値を決める際には、大雑把に以下のような流れを持っています。

 

@住宅金融支援機構が今月の最低金利を発表する。
A各金融機関がそれを見ながら独自の設定をする。

 

これだけです。実際には「今月はちょっと他の銀行よりも金利を高めにしよう。その代わり手数料をキャンペーンで無料にしよう」といった折り合いが付けられています。

 

言ってしまえば一つのからくりにはなるかと思いますが、純粋に金利部分を比較した方が結果は分かりやすいので、やはり金利にこだわり、他のオプションはオプションでしかないというのが実情です。

 

各金融機関を比較する際には、必ずこの金利差部分を重点的に検討していく必要があります。特にフラット35の場合は、最低でも15年以上という固定金利が響いてきますので、どうやっても手数料の部分でまかないきれる部分ではありません。

 

 

<折り合いが付く住宅ローン>
結論から言うとフラット35で、何とか折り合いをつけるというのは難しいです。完全固定金利になっていますので、金利差がそのままずーっと影響し続ける事になります。

 

前述したように、手数料云々でカバーしきれる箇所ではありませんので、どう足掻いても0.1%でも安い金利設定をしている金融機関の方が有利だと言えます。

 

逆に折り合いがつく住宅ローンというのもあります。それが各金融機関の用意している変動金利や変動+固定金利になります。変動が1時期でも入ってくると、大きくリカバーする事が可能になり、長期固定金利よりも一時的ながらも圧倒的な有利差を生み出す場面が出てくる可能性がありますので、この場合は質問者様の言う折り合いが発生しやすくなります。

 

フラット35にこだわる場合は、単純に金利差を比較。借用年数が短い、変動金利に対応できる。こういった場合には各年数で区切りながら、計算をしてみる。面倒ではありますが、損をしたくない場合には、こうした創意工夫が必要になってきます。

管理人


 

 

フラット35住宅ローンランキング【2017年11月更新】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料引き下げ
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • ネット銀行だから実現できる低金利
  • 顧客満足度が高い優良サービス
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


ARUHIフラット35
  • フラット35最低水準金利・シェアNo.1
  • スピード審査&幅広い方の利用が可能
  • 全国168店舗で安心の対面サポート
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • フラット35S金利引き下げでさらにお得
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


新生銀行住宅ローン
  • 金利・諸費用を含めたトータルでお得
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 6つの手数料0円で安心
  • 団信生命保険料・保証料無料
スペック 矢印 申し込み