フラット35の選び方は?

フラット35の賢い選び方は?

選び方
矢印
金利・手数料で最低水準を実現!
申し込み

フラット35の選び方は?

講師

ここでは、フラット35の選び方についてさらに詳しくご紹介します。

 

アベノミクスと景気の動向により、住宅ローン金利は下がり続けています。特に2014年後半から2015年の前半にかけて、フラット35は毎月史上最低金利を更新し続けているほどです。

 

フラット35Sによる金利引き下げをあわせると、長期固定にもかかわらず金利が1%を切る場合も出てきました。

 

変動金利タイプの住宅ローンのリスクを嫌う人だけではなく、積極的にこの低金利を利用したいという方もフラット35に注目しているのです。

 

金利の優遇が受けられるフラット35Sの詳細や、借り入れ条件や、審査の基準などの他にもフラット35選びで失敗しないためのテクニックをしっかりとご紹介していきます。

 

フラット35の借り入れシミュレーションでお得な銀行を選ぶ方法、必要になる場面が多いつなぎ融資についてらに、中古住宅の購入や、おすすめの火災保険といったものから、金利の安いフラット20、借り入れ期間が長いフラット50などについてもご案内します。

 

低金利の今だからこそフラット35をよりお得に活用したい方、住宅ローン借り入れで損をしたくない方はしっかりと当サイトをチェックしてください!

 

2017年9月最新フラット35ランキング

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料引き下げ
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • ネット銀行だから実現できる低金利
  • 顧客満足度が高い優良サービス
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


ARUHIフラット35
  • フラット35最低水準金利・シェアNo.1
  • スピード審査&幅広い方の利用が可能
  • 全国168店舗で安心の対面サポート
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • フラット35S金利引き下げでさらにお得
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


新生銀行住宅ローン
  • 金利・諸費用を含めたトータルでお得
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 6つの手数料0円で安心
  • 団信生命保険料・保証料無料
スペック 矢印 申し込み


フラット35の選び方記事一覧

フラット35を利用しようと思っても、将来に向かってどのように返済していくのか詳しくわからない、返済計画がイメージできないという人もいるのではないでしょうか?フラット35のホームページでは、様々な条件で簡単な借り入れのシュミレーションができるので、一度試してみるとよいでしょう。まず、今検討している借り入れ希望額で月々どのくらい返済する必要があるのかを知りたいという方には、借り入れ希望額から返済金額を...

フラット35sというのは、耐震性や省エネ性など一定の基準を満たした優良住宅を取得した場合、指定期間金利が引き下げられる制度のことです。フラット35Sエコの金利引き下げは平成24年10月31日の申し込み分で受け付けが終了します。平成24年11月1日申し込みの分からはフラット35S(金利Aプラン)とフラット35S(金利Bプラン)の2つの金利引下げプランだけになります。それぞれの金利引き下げ期間と金利引...

フラット35s利用のメリットというと、やはり金利優遇が受けられることにあります。大幅な金利優遇が受けられるということで人気の高かったフラット35Sエコは平成24年10月31日(水)申し込み分で受け付けが終了することが決定しました。これにより優遇幅は引き下げられるものの依然として低金利のメリットが大きなフラット35S魅力があることに代わりありません。平成24年11月1日申し込み分からのフラット35S...

フラット35を取り扱っている銀行や信用金庫、ネットバンクなどの金融機関により金利や手数料、サービスなどが異なります。少しでも利息や手数料を抑えて、お得に無理のない範囲で返済していくには、フラット35を取り扱っている金融機関選びが大切になります。選び方のポイントは色々あるので、参考にしてみましょう。まず、各金融機関の金利を比較し、できるだけ低金利を維持している金融機関を選びましょう。金利が1パーセン...

住宅ローンは契約したからといって、すぐに融資が始まるものではありません。申し込みから審査を行い、融資が決定して実際にスタートするまでに数十日かかる場合もあります。融資を待っている状態で、物件の引渡し日が来てしまうと支払いが発生し、支払が必要となります。実際に融資が実行されるまでのつなぎで必要となる資金が、つなぎ融資と呼ばれるものです。つなぎ融資が必要となれば、融資先を探したり書類を作成したり、利息...

フラット35は、中古住宅の購入でも利用可能です。中古物件の購入の場合も人、物件に対する借り入れ条件が決められているので、しっかりとチェックしておきましょう。まず人に対する条件としては、申込人の年齢が70歳未満で、自動車ローンや教育ローン、カードローンなどの借り入れ総額の返済負担が、年収400万円未満の場合は年収の30パーセント以下、年収400万円以上の場合は年収の35パーセント以下であることが条件...

フラット20は、フラット35と商品の内容や利用条件、手数料の額はほとんど同じです。ただフラット20はローンの返済期間が20年を下回り、フラット35よりは0.2パーセントほど金利が低く設定されているのが特徴です。20年以内に借り入れ金を全て返済するので、月々の返済額はフラット35よりは高くなります。フラット20には、月々の返済額が増えてもいいので、少しでも低金利で20年以内にローンの返済を完了したい...

フラット35を利用する際は、団体生命保険は任意加入となりますが、火災保険については住宅金融支援機構が定める基準をみたす保険を付けなければなりません。法律に基づき正規に販売されいる火災保険であることが要件となるので、一般的な保険会社企や団体が提供している火災保険なら概ね該当します。つまり、保険業法の規定を守って提供されている保険会社の火災保険や、生協法の規定に基づきJAやコープなどの共済団体から提供...