フラット35勤続年数の審査基準は?

フラット35の審査で勤続年数は何年必要?

仕事

フラット35審査で要求される勤続年数について説明します。最低限何年間その会社で働いていればフラット35の審査基準を満たすことができるのでしょうか。

 

最近転職をしたばかり、もしくは転職を考えているという方にとっては勤続年数が何年必要なのかということが問題になってきます。

 

住宅ローンの審査は勤続年数だけではなく、年収、担保価値、頭金の用意など様々な条件をトータルして判断されます。

 

そのため一概に何年以上とは断言できないものの、フラット35の場合には最低限2年の勤続年数を求められることが多くなっています。

 

実はフラット35の審査基準に勤続年数に関する決まりはありません。収入証明の提出が決まっているだけなのです。

 

勤続年数については、各銀行が独自の基準で行う事前審査で決められているのです。

 

そのため、一般的にはフラット35の勤続年数は2年からといわれていますが、事前審査を厳しくする銀行によっては3年の勤続年数が必要なところをもあるのです。

 

フラット35は事務手数料の金額、金利などと同じく、事前審査の内容もそれぞれの銀行が決めることになっているため、勤続年数についても2年であったり3年であったり違いが出てきます。

 

ですから、2年以内の勤続年数で何とか審査を通したいと考えてもなかなか難しいですが、勤続年数が3年に足りないということで事前審査に落ちた場合には審査基準が甘い他の銀行に申し込んだ場合は事前審査に通る可能性もあります。

 

この勤続年数が2年以上あるのに、この点が問題になった場合には担当者の方に相談してみることをおすすめします。

フラット35の勤続年数の審査基準は?【転職したばかり!】

 

転職しても審査は通る?

最近転職をしました。で、友人に聞いたところ、フラット35なら勤続年数を問われないと言っていたのですが、これって本当ですか?ずっと家を建てるのが夢だったのですが、仕事を変えてしまったので、全てが水の泡になったと思っていました。本当なら凄く嬉しいのですが・・・。

30代 会社員


 

 

勤続年数の審査基準は…

フラット35では勤続年数はあまり重要視されていません。ただ、フラット35を扱っている多くの銀行が直近2年間の収入証明の提出を義務付けていることは覚えておいてください。ですから、転職したかどうかではなく、収入がきちんと証明できるかが大事だということになります。

 

また勤続年数が短い場合にはその銀行の定めている審査に通らない、つまり仮審査の段階で落とされてしまうという可能性も高くなります。

 

ですからご友人のこの点に関する助言は真実だという認識で問題ないかと思います。ただ、その分年収の基準に関しては厳しくなっています。

 

 

<フラット35審査基準・勤続年数について>
通常の住宅ローンを利用する場合、まず重要視されるのが年収になります。これはフラット35も同様なのですが、一般の金融機関の住宅ローンの場合は、「ではその人はずっとこの年収を維持できるのか?」という部分が注目されます。

 

お金を貸す側として心配になるのが、利用者の安定性です。その信用を示す意味で、勤続年数という部分が重要になってきます。
今まで勤続したキャリアそのものが信用情報として登録をされ、申請される。

 

これは住宅ローン以外のローンを利用する際にも、同様に重要視されている項目になります。

 

そのため、どうしてもフラット35の場合も同様との見方が一般的なのですが、こういった勤続年数や職種といった項目に関しては、住宅金融支援機構側にとってはあまり大した問題ではなく、年収のみで判断している傾向が非常に強くあります。

 

 

<住宅金融支援機構が重要視している項目>
住宅金融支援機構の性質として、実は年収のほかに、もう一つだけ、かなり重視している項目があります。それは融資条件にもなっている、対応物件であるか否かという事です。

 

そのために3度の検査を必要としており、全ての条件をクリアできていないと、フラット35の融資そのものが成立しなくなってしまいます。

 

通常の銀行系の融資だと、一度審査に通ってしまえば、そのまま送金手続きが開始されます。

 

しかし住宅金融支援機構の場合は、条件をクリアした後でも、さらに段階を踏んだ条件をクリアしていく必要があるのです。

 

こうした部分を含めて考えてみると、相対的にフラット35の審査は難易度が高くなっていると言えます。

 

ただ、最初の審査という段階では、こうした実施的な現物検査というのは関係してきませんので、総合的に見てみると、やはり他の住宅ローン審査よりは緩いと受け止められている方も少なくありません。

 

後は条件に合致していない場合は、問答無用で融資を断るという部分もありますので、この点にも注意しておく必要があるかと思います。

管理人


 

 

フラット35住宅ローンランキング【2017年9月更新】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利で手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 返済口座指定で事務手数料引き下げ
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • ネット銀行だから実現できる低金利
  • 顧客満足度が高い優良サービス
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


ARUHIフラット35
  • フラット35最低水準金利・シェアNo.1
  • スピード審査&幅広い方の利用が可能
  • 全国168店舗で安心の対面サポート
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • フラット35S金利引き下げでさらにお得
  • フラット35は団信生命保険料が本人負担
スペック 矢印 申し込み


新生銀行住宅ローン
  • 金利・諸費用を含めたトータルでお得
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 6つの手数料0円で安心
  • 団信生命保険料・保証料無料
スペック 矢印 申し込み