フラット35住宅ローンは金利比較で賢く選ぶ!

おすすめ
矢印
申し込み


12月のフラット35金利はトランプショックで上昇!

まさかのトランプ大統領が誕生するというトランプショックで、日本にもさまざまな影響が考えられますが、現在のところなぜか円安、そして金利が上昇するという経済状況になっています。そのためフラット35の金利も12月は0.07%上昇。このまましばらくは金利上昇が続くのでしょうか?

 

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携しコラボレーションしてできたフラット35は長期固定でも金利が安いため、高い人気を集めています。しかし、同じ名前が付いていても取り扱っている金融機関によって金利や手数料などが全て異なるという特徴があります!

 

そのため審査基準や借入の条件は同じなのに、あなたが選んだ借り入れ先によっては総返済額が大きく異なってきます。住宅ローン借り入れで損をしない!失敗しないためにはしっかりと金利や諸費用を比較してお得な銀行を選ぶことが大切です!

 

フラット35金利比較のおすすめ銀行ランキング ≪2016年12月最新版≫

フラット35金利を一覧で比較!

相談
フラット35は、住宅金融支援機構と一般の金融機関が提携している住宅ローンで、多くの金融機関が同じ名前で取り扱っていますがそれぞれの金融機関ごとに金利は異なります。

 

更に月単位での見直しが行われるので、毎月上がったり下がったりと変化していくため最もお得な銀行を見つけるためには金融機関ごとに毎月チェックして、比較する必要があります。

 

また実際に適用される金利は、申し込み時点のものではなく、実際に融資が実行される月のものが適用されるので注意が必要。

 

そのため、それまでの金利の推移を見ておいて、融資実行月に金利が上がるのか、下がるのかといったことを予想しておくのも大事と言えるでしょう。

 

フラット35の申し込みから、実際に借入開始までに時間があくと予測がつかなくなるため、金利の動向を逐一チェックするなど注意が必要です。

 

現時点(2013年2月)ではフラット35開始以来の低い水準が続いており、毎月のように最低金利を更新している状況に変化が起こり、アベノミクスの影響もあって上昇の気配も感じられます。

 

少なくともこれから大きく下がることはあまり期待できないため、できるだけ早く融資の申し込みをしておくことを当サイトではおすすめしています。

 

数年前と比較すると非常に低い水準をキープしていますから、わずかな金利の上下にはあまり動じずにできるだけ早く手続きを送るのがよいのではないでしょうか。

 

そこで最近のフラット35における主な金融機関の金利比較一覧、中でも金利が低い金融機関を紹介していくので参考にしてみましょう。

 

ただ、金利は月ごとに変わるのであくまで目安程度と考え、実際に利用する場合はきちんと各金融機関のホームページで融資時の金利を確認することをおすすめします。

 

一般的に銀行や信用組合、信用金庫などよりも銀行以外の金融機関の方が金利が低めに設定されています。

 

また、銀行の中でも都市銀行などよりもネット銀行系の金融機関のほうが金利、手数料ともに低く抑えられるということも覚えておいてください。

 

 

≪フラット35住宅ローン金利一覧≫

銀行名 35年固定タイプ 20年固定タイプ 事務取扱手数料 公式サイト
楽天銀行 1.100% 1.030% 融資額×1.08% 公式へ
ARUHI 1.100% 1.030% 融資額×2% 公式へ
NTTファイナンス 1.100% 1.030% 融資額×2% 公式へ
みずほ銀行 1.250%〜 1.290% 32,400円 公式へ
りそな銀行 1.250% 1.290% 30,000円 公式へ
三井住友銀行 1.460% 1.360% 32,400円 公式へ
新生銀行 1.850% 1.200% 54,000円〜 公式へ
ソニー銀行 1.231% 1.132% 43,200円 公式へ
住信SBIネット銀行 1.290% 0.910% 融資額×2%+消費税 公式へ

※ 新生銀行・ソニー銀行・住信SBIネット銀行はフラット35ではありません

 

矢印
申し込み

フラット35の金利推移を分析!【今後の動向はどうなる?】

解説
都市銀行や地方銀行、信用組合やモーゲージなどフラット35取り扱い金融機関は、300以上に上ります。

 

フラット35の金利は各金融機関ごとに異なり、更に経済の状況によって毎月見直しがなされているので、月単位で金利が推移しています。

 

また申込み時の金利ではなく、融資開始時の利率が適用となるので過去に遡って推移をチェックし、急な変動の可能性はないか、最高・最低はどの位なのかを把握しておく必要があります。

 

金融機関によって1%近くの幅があるため、当サイトで比較する際にはその時点での最低金利で比較しています。

 

<フラット35の金利推移表>
推移表

 

2007年から現在までのフラット35の金利の推移をまとめた上記の表を見てみると、現時点で非常に低い水準になっていることがわかります。

 

それまではなかなか2%を割ることがなかったのですが、今年の夏についに2%を割り8月にはこれまでで最も低いものとなりました。

 

2007年10月から2016年12月までの期間での最高が3.07%、最低が1.37%ですからその差は1.7
%もあるのです。

 

同じフラット35を借りてもタイミングによってトータルの返済額でみれば数百万円の差が出ることもあり得ます。

 

ですから、これまでの最低水準付近で推移している現在は借り入れのタイミングとしてはこれ以上ないということが言えるのではないでしょうか。

 

全体的な傾向を見ると細かな変動はあるものの右肩下がりとなってはいますが、上昇する際には一気に上昇するという特徴もあります。

 

また政権が交代し、いわゆるアベノミクスによってこれからは上昇基調になるのではないかという予測が増えてきています。新規に借り入れを検討している方も、借り換えを検討中の方にとっても大きな転換点と言えるのではないでしょうか?

 

また消費税の増税も決定していますから、ギリギリになって飛び込みという形を取るよりも今余裕を持って借入をすることをおすすめします。

 

金利の推移から判断すると今がフラット35借り入れのベストタイミングです。

 

矢印
申し込み

フラット35比較相談サイトで損しない銀行選びを!

相談
住宅ローンを選ぶ際にはまず変動タイプか固定タイプかを比較して選ぶことになります。

 

一般的に固定タイプのものは高めに設定されていることが多いのですが住宅金融支援機構と民間の金融期間が提携して提供しているフラット35は最長35年という長期固定金利でありながら非常に低い金利水準で比較サイトでも人気を集めています。

 

また保証料や繰上げ返済手数料無料といった条件の良さも見逃せません。そして公的ローンでありながら、従来はできなかった借り換えに対応したり、必要額の100%まで融資が可能になるなどその時々のニーズに応じて条件を改良している点も見逃せないポイントです。

 

さらに現在は優良住宅取得支援制度によって条件を満たせば金利が大きく引き下げられるというフラット35Sが登場しています。

 

これは決められた期間金利引き下げの優遇が受けられるというもの、比較をするまでもなく有利なのはすぐにわかるはず。

 

35Sを借りるためには取得する住宅が省エネルギー性や耐震性などの要件を満たす必要はありますがそれでも金利の優遇は大きな魅力であることにはかわりありません。

 

フラット35の借り入れを検討する際には一つだけ注意しなければいけない点があります。

 

公的ローンと言っても住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供しているため、借り入れる金融機関によって金利や手数料などの条件がそれぞれ異なるのです。

 

具体的に見てみると2012年10月の最低と最高の金利幅は1.650%〜2.830%となっています。つまり金融機関の選び方によって1%もの差が出ることがあるのです。

 

借入条件や審査については金融機関による差は無いため、口コミ比較などをせず同じ名前だから条件も全部同じだろうと何も考えずに高い金融機関で借りてしまうとトータルでの支払額が増えてしまい大きく損をしてしまいます。

 

手数料が高いから審査に受かりやすいといったことは一切ありません。借入の際の審査基準はどこも同じ。

 

ですからフラット35の借り入れをする際にはなによりも金融機関比較が大切になります。

 

今ではネット専業の住宅ローン金融機関などもあります、そういったところでは全国どこに住んでいても借入が可能です。条件が悪いけれど近所にある銀行だからといった理由で選ぶ必要もありません。

 

住宅ローンはしっかりと比較して総支払額の少ないお得なものを選びましょう。

 

矢印
申し込み

フラット35金利比較の記事一覧

楽天銀行は、フラット35Sを取り扱う金融機関の中でも特に評判がよく、口コミランキングでも上位を占めています。楽天銀行は金利は最低水準を保ち、金利の大幅値下げが受けられるフラット35Sを利用すれば、一般の住宅ローンの変動型金利とほぼ同程度にまで金利が下がるのでかなりお得です。更に、融資事務手数料も格安...

フラット35SならARUHIだと言われるほど、フラット35Sの利用者の多くはARUHIを金融機関として選んでいます。実際にARUHIのフラット35Sに占めるシェアは、業界ナンバー1を誇ります。ARUHIの人気の最大の理由としては、やはり金利の低さが挙げられます。業界でも最低水準の金利を維持しているの...

フラット35というのは、長くて35年間一定の金利のままで借入れが可能な長期的な住宅ローンのことです。フラット35は、銀行や信用金庫といった一般の金融機関が、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と協力し合って行います。通常、民間の金融機関は資金準備に限りがあるため長期のローンは難しいのが現状だったので、...

フラット35の借り入れを行う際、必要経費はどのくらいかかるかも確認しておく必要があります。一般的に住宅ローンを組む際は、保証料や税金、引越し費用などが諸費用としてかかります。平均して大体、住宅購入金額の一割程度の金額が諸費用にあたります。しかし、フラット35では借り入れ時の保証金や、繰越返済時の手数...

通常住宅ローンというと、物件に対する審査と貸付を行う人に対する審査が行われます。民間金融機関の住宅ローンの場合は、人に対する審査が基本となりますが、フラット35では物件に対する審査に重きを置いているため、民間の金融機関の住宅ローンよりは審査に通りやすいと言われています。人に対する審査としては、返済能...

団信というのは団体信用生命保険ことで、ローンの返済を行っている当事者が死亡したり、高度な障害を負ってしまった場合などに残りのローンの返済が免除されるという住宅ローンに特化した生命保険のことを言います。マイホームを建築したり、購入する際は多額のローン返済を抱えるので、ローン返済を担う人が突然死亡したり...

フラット35を借りるための条件も決められているので、チェックしておきましょう。まず日本国籍を保有しているか、永住許可を得ている人また特別永住者で、借り入れの申込み時点で70歳未満の方を条件としています。更に、フラット35とそれ以外の自動車ローンや教育ローン、カードローンの総額返済負担率が年収400万...

繰上返済というのは月々の決まった返済以外に、臨時で借入金の一部または全部を返済することを言います。フラット35でも、返済期間中にある程度まとまった収入があった場合は、借入金の繰上返済が可能です。更に繰上返済時には手数料もかからないので、とても便利です。繰上返済の方法としては、返済額は変えないで借入期...

すでに銀行などの金融機関で一般の住宅ローンを利用しているけど、将来の金利変動が心配になり、長期固定金利のフラット35に借り換えしたいという人もいるでしょう。フラット35では借り換えにも対応しているので、利用条件や手続きの流れなどをチェックしてみましょう。まず利用条件としては、借り換え対象となるローン...

フラット35を利用しようと思っても、将来に向かってどのように返済していくのか詳しくわからない、返済計画がイメージできないという人もいるのではないでしょうか?フラット35のホームページでは、様々な条件で簡単な借り入れのシュミレーションができるので、一度試してみるとよいでしょう。まず、今検討している借り...

フラット35sというのは、耐震性や省エネ性など一定の基準を満たした優良住宅を取得した場合、指定期間金利が引き下げられる制度のことです。フラット35Sエコの金利引き下げは平成24年10月31日の申し込み分で受け付けが終了します。平成24年11月1日申し込みの分からはフラット35S(金利Aプラン)とフラ...

フラット35s利用のメリットというと、やはり金利優遇が受けられることにあります。大幅な金利優遇が受けられるということで人気の高かったフラット35Sエコは平成24年10月31日(水)申し込み分で受け付けが終了することが決定しました。これにより優遇幅は引き下げられるものの依然として低金利のメリットが大き...

フラット35を取り扱っている銀行や信用金庫、ネットバンクなどの金融機関により金利や手数料、サービスなどが異なります。少しでも利息や手数料を抑えて、お得に無理のない範囲で返済していくには、フラット35を取り扱っている金融機関選びが大切になります。選び方のポイントは色々あるので、参考にしてみましょう。ま...

住宅ローンは契約したからといって、すぐに融資が始まるものではありません。申し込みから審査を行い、融資が決定して実際にスタートするまでに数十日かかる場合もあります。融資を待っている状態で、物件の引渡し日が来てしまうと支払いが発生し、支払が必要となります。実際に融資が実行されるまでのつなぎで必要となる資...

フラット35は、中古住宅の購入でも利用可能です。中古物件の購入の場合も人、物件に対する借り入れ条件が決められているので、しっかりとチェックしておきましょう。まず人に対する条件としては、申込人の年齢が70歳未満で、自動車ローンや教育ローン、カードローンなどの借り入れ総額の返済負担が、年収400万円未満...

フラット20は、フラット35と商品の内容や利用条件、手数料の額はほとんど同じです。ただフラット20はローンの返済期間が20年を下回り、フラット35よりは0.2パーセントほど金利が低く設定されているのが特徴です。20年以内に借り入れ金を全て返済するので、月々の返済額はフラット35よりは高くなります。フ...

フラット35を利用する際は、団体生命保険は任意加入となりますが、火災保険については住宅金融支援機構が定める基準をみたす保険を付けなければなりません。法律に基づき正規に販売されいる火災保険であることが要件となるので、一般的な保険会社企や団体が提供している火災保険なら概ね該当します。つまり、保険業法の規...

そもそもフラット35って何?初歩的な質問ですみません。そもそもフラット35というのはどういうものなのでしょうか?普通の銀行が用意している住宅ローンとの違いがよく分かりません。国が支援している?というのはさすがに分かるのですが、銀行が窓口になっているのもよく分かりません。30代 主婦フラット35の概要...

フラット35はどこの商品?フラット35というのは、何処の商品になるのでしょうか?すでに説明を見たのですが、いまいちよく分かりません。窓口の存在すら分からず、なんだか不親切な印象もあります。自営業でも借りられると聞いたのですが、これも本当ですか?何が本当で何がウソなのか。よく分からなくなってきています...

一番お得なフラット35は?フラット35Sというのは、フラット35のオプションのような感じなのでしょうか?また、他にもフラット35〇というような商品があるのでしょうか?一番お得なプランを教えて頂けると嬉しいです。20代 会社員フラット35に事前審査は基本的にありません。フラット35Sは、フラット35の...

フラット35が終了すると聞きました!フラット35が間も無く終了すると聞いたのですが、本当でしょうか?妻とはマイホームを購入する際には、必ずフラット35を軸に考えた方が良いという結論を出していたので、かなり驚き、困惑しています。なぜフラット35が終了してしまうのでしょうか?理由も教えて欲しいです。30...

フラット35保証型って何?通常のフラット35と何処が違うのでしょうか?銀行側から一応説明は受けたのですが、よく違いが理解できませんでした。素人にも分かるように、簡単に教えて頂けると助かります。30代 会社員フラット35Sなら募集期限があります!フラット35保証型は金融機関独自のサービスになり、その契...

フラット35のメリットは?フラット35のメリットとデメリットをシンプルに教えてください。かなり迷っているのですが、できれば背中を押してもらえるようなアドバイスだと助かります。でも家族に説明できるようなしっかりとしたデメリットも把握しておきたいのです。我が儘な質問ですみません・・・。30代 会社員やは...

中古マンションを購入したい!フラット35は中古マンションの購入でも適用されるのでしょうか?新築のみに適用されると聞いた事があるので、このまま申し込みをしても大丈夫なのか?という不安があります。本当に中古でフラット35を利用している人がいるのでしょうか?利用できる場合は、新築で適用させた場合の違いなど...

フラット35の種類は?フラット35は〇〇型とかよく聞くのですが、そんなにたくさん種類があるのでしょうか?さらにエコやベーシックといった言葉を耳にすると、自分はどれを利用すれば良いのか分からなくなってしまいます。こんなに面倒だとは思いませんでした・・・。30代 会社員しっかり確認していきましょう面倒で...

保証料無料はなぜできる?ずっと疑問だったのですが、なぜフラット35は保証料が無料になっているのでしょうか?普通は必ず徴収される部分ですよね?逆になんで通常の銀行だと、保証料があんなに高くなっているのでしょうか。質問が多くてすみませんが、お願いします。20代 主婦保証料について説明します保証料が無料な...

つなぎ融資を使いたくない!フラット35のつなぎ融資についての質問です。できればつなぎ融資を使いたくないのですが、何とかできないものでしょうか?例えば家を工事する前に、審査結果を出してもらえるように、早く申請をしたりとか。具体的な解決方法があれば教えて頂きたいです。20代 会社員保証料について説明しま...

借り換え諸費用も借りられる?フラット35の借り換えについて詳しく教えて欲しいのですが、各諸費用に関してもフラット35ではフォローしてくれるのでしょうか?最近、借り換え利用もできると知ったばかりなので、ほとんど知識がない状態です。40代 会社員概ね含めることができます借り換えに関する諸費用に関しては概...

フラット35からフラット35へ借り換えできる?フラット35の支払いがきつくなってきました。このままフラット35への借り換えを検討しているのですが、それって可能なのでしょうか?可能な場合は条件なども教えて頂けると助かります。もし可能であったとしても、現金が必要になるとかなり困ります。40代 会社員借り...

本当にこのまま進めて大丈夫?フラット35の審査に通過したのですが、まだ一度も出資してくれた会社の方と会合した事がありません。物件検査?というのもいつ行われているのか、さっぱりわかりません。こういうのって普通は連絡がないものなのでしょうか?どのタイミングで送金されるのかもよく分からないし、本当にこのま...

土地の購入代金は?フラット35というのは、土地の購入代金だけでも適用してもらう事はできますか?まず土地を購入しないと話にならないと思ったので、質問させて頂きました。実は土地を買うお金もないので、家が欲しいけどどうすれば良いのか分からないというのが本音です。20代 会社員土地のみでの利用はできません!...

原因がわからなくて悔しい!フラット35の審査に落ちてしまいました。私自身、何が原因で審査に落ちたのか、よく分かっていません。フラット35の審査は年収さえカバーしていれば、あまり落ちる事はないと聞いているのですが、なぜ私は落ちてしまったのでしょうか・・・?原因が分からないだけに悔しくてたまりません。こ...

事前審査が無いの?フラット35は事前審査がないと聞いたのですが、本当でしょうか?また住宅ローンでは事前審査があった方が良いのか、無い方が圧倒的に有利なのか。この部分も教えて頂けると助かります。30代 会社員フラット35に事前審査は基本的にありません。ただ、銀行によっては事前審査のような、相談はありま...

フラット35は審査が甘いの?フラット35の審査がダメなら、他の住宅ローンも厳しいと聞きました。これって本当なのですか?それが本当ならまずはフラット35の審査を受けてみて、それから違う銀行の住宅ローンを申し込みをするとか、した方が良いのでしょうか?初心者なので、審査そのものについてもよくわかっていませ...

フラット35審査中に失業してしまった!恥ずかしい話なのですが、フラット35の申請をし、現在審査中です。で、問題なのは私の仕事が審査中に無くなってしまったことにあります。私も困っているのですが、急な知らせで、今仕事を探している最中です。これはフラット35の申し込みにも大きく影響してくるのでしょうか?あ...

転職しても審査は通る?最近転職をしました。で、友人に聞いたところ、フラット35なら勤続年数を問われないと言っていたのですが、これって本当ですか?ずっと家を建てるのが夢だったのですが、仕事を変えてしまったので、全てが水の泡になったと思っていました。本当なら凄く嬉しいのですが・・・。30代 会社員勤続年...

審査に通りやすい銀行がある?先日、フラット35を申し込んだところ、審査に落ちてしまいました。他の金融機関に変える事で、審査に通ることもあると聞いたのですが、本当ですか?なんとしても融資を受けたいので、通りやすい銀行等がありましたら、教えて頂きたいです。20代 会社員条件を変えて再度申し込みを同じ金融...

フラット35金利の見通しは?フラット35の金利を調べていたのですが、やはり現状の1.88%という数字は過去にはあまり例の無い低金利だと思いました。そこで質問したいのですが、今後、これ以下になる事はあると思いますか?個人的な見解でも構いませんので、ご意見を頂けると幸いです。30代 会社員勤続年数の審査...

35年は長すぎる…フラット35の利用を検討しているのですが、35年という期間は長すぎると考えています。主人と相談した中では、やはり10年程度の固定が理想というのが一番根強くあります。でもフラット35の安心感と言いますか、銀行の方からもこちらの方がおすすめできるという説明を頂いておりますので、正直迷っ...

銀行によって違う?初歩的な質問で恐縮です。もしかしてフラット35の金利というのは、各銀行によって異なるのでしょうか?どうも私が拝見した各銀行のサイトを見てみると、同じフラット35でも微妙に金利が異なっている気がします。本当は折り合いをつけており、実際の負担額は同じになるといったからくりがあるのでしょ...

フラット35Sの人気の理由は?フラット35Sの相談をしたところ、すでに受付がいっぱいで、終了してしまったそうです。本当にショックで、妻とはこれで新築の見通しが立ったと思って期待していただけに、何とも言えない状態です。友人に相談をしたところ、彼も以前、フラット35Sがすでにいっぱいで利用できなかったと...

フラット35は完全固定金利じゃないの?フラット35の金利は途中で変わると聞いたのですが、これって本当ですか?私は完全固定金利と思っていたので、正直かなり驚いたのですが、そういったプランもあるのでしょうか?20代 主婦フラット35Sの金利引き下げの可能性フラットシリーズは完全固定金利が売りになっている...

どっちがお得なのでしょうか??フフラット35と普通の銀行の住宅ローンではどちらがお得になりますか?よくフラット35の方が断然お得という話を耳にするのですが、それだとみんながフラット35を利用する事になり、銀行は儲けがなくなってしまいますよね?30代 会社員終わる理由はなさそうです一概にどちらがお得と...

フラット35Sを利用したい!利用するなら断然フラット35Sの方が良いときいてはいるのですが、どれだけの難易度になっているのかが、資料を見ただけではよく分かりませんでした。みなさん、どういった対策をしながらフラット35Sを利用しているのか。この辺も分かりやすく教えて欲しいです。30代 主婦新築ではそれ...

フラット35Sの金利優遇は続きますか?フラット35Sは今後も継続されると思いますか?来年辺りに家を建てたいと思っているのですが、また終わってしまわないか気になって仕方がありません。なるべく前向きな感じの見通しだと嬉しいのですが・・・。20代 主婦終わる理由はなさそうです個人的には「逆に終わる理由がな...

フラット35Sの他の特典は?フラット35Sについてお聞きしたいのですが。色々とお得だとお聞きしていますが、さらに特典を重ねる事はできるのでしょうか?例えばエコポイントとか、減税とか、よく耳にしますよね?こういった恩恵も漏れなく得られるのでしょうか?30代 主婦エコポイントも減税も受けられます!エコポ...

フラット35Sの取り扱いは?フラット35のフラット35Sというのは、何処の金融機関でも取り扱いしているのでしょうか?また、フラット20やフラット50の取り扱い先についても教えて欲しいです。なるべく全ての相談ができる銀行が理想的なのですが、やっぱりそういったところはないのでしょうか?金利差とかもあると...